「自分はまだ大丈夫」は危険!女性のうつ病にはデパスがおすすめです

Sad mans

我慢すると悪化する

there are many different vial

うつ病の原因・症状はこちらから

女性は男性の2倍うつ病になりやすいと言われています。
女性は男性よりも神経質な人が多いので、些細なことでも真剣に考えてしまいがちです。
また、男性は「シングルタスク」、女性は「マルチタスク」が得意と言われるように、
女性は男性よりも一度に沢山のことを考えてしまう傾向にあります。
そのため、何か1つ気になることがあると、他のことをしていてもそのことが頭から離れず、ずっと考え込んでしまうことになるんです。
さらに、女性には女性特有の生理という現象が毎月起こりますよね。
毎月必ずホルモンバランスが崩れ、自律神経が乱れることで、女性は男性よりもうつ病になりやすいんです。
生理前になるとどうしようもなくイライラしたり、意味もなく悲しくなって涙が出てしまうことってありませんか?
これはホルモンバランスが崩れることで起こる、きわめてうつ病に似た症状だと言えます。
これが生理前だけで終わればまだ良いんですが、思考には「癖」というものがあるので、
この時期のうつ病に似た思考回路が癖になってしまうと、生理前に関係なくうつ病を発症してしまうことになり兼ねません。
専業主婦として家事をしている女性も多いと思いますが、旦那が外で毎日働いて疲れて帰ってくるのに、
自分がうつ病で悩んでいるなんて言えない、という人もいますよね。
しかしうつ病は放置するとどんどん悪化してしまうので、デパスなどの治療薬に頼って早めに改善する方が良いんです。
デパスという聞きなれない薬の名前に不安を感じるかもしれませんが、デパスは精神安定剤の中でも副作用の少ない薬として知られています
うつ病を1人で抱えこまず、試しにデパスを服用することから始めてみませんか?
デパスは病院で処方してもらう方法と海外通販サイトを介して購入する二つの方法があります。
また通販サイトを利用した場合にはデパスのジェネリックであったり、他の抗不安剤やパキシルやジェイゾロフトを始めとする抗うつ剤も購入することが出来ます。
ただ医師による処方でない為、服用方法などは全て自分で調べる必要があり自己責任となります。
価格も安く手軽に手に入れるメリットを考えれば病院での処方よりもプラスになるかもしれません。

デパスの通販はこちら

セロトニンが大きく影響

men are worried

人が幸せを感じるには「セロトニン」という神経伝達物質が大きく影響しています。女性は男性よりこのセロトニンの分泌量が少ないので、うつ病になりやすいと言われています。デパスを服用することでセロトニンの分泌が活発になり、穏やかに過ごすことができますよ。

用法容量をしっかり守る

capsules

デパスは副作用が少ないことで知られていますが、依存症には十分注意する必要があります。セロトニンが過剰に分泌されることでセロトニン症候群になってしまうことが原因です。デパスを服用する際には必ず用法容量を守って使用して下さい。

頓服薬のように使用する

many types of drugs

デパス依存症にならないようにデパスを服用するコツは、「辛くなったら飲む」。つまり頓服薬のように服用するということです。1日の摂取量を守り、辛い時だけ服用するよう心がければ依存症の心配はありません。